ブランドのアパレル品には、定番で発売されるものも多いですが、そのシーズンだけのコレクションで二度と作られることがないものもあります。そのため、ブランド好きな人にとって手に入ればラッキーというぐらい珍しいものもあるでしょう。なかなか手に入れられない人も多いため、かなりの高値で買取され、中古でもいいから買いたいという人が殺到します。

いわゆるプレミア価格という値がつくこともあり、その場合は購入した価格よりも高く売ることができます。なかなかないですが、本当にレアなブランド品であれば、そういったことも考えられます。定価より高く売れるなんて、夢のようですがレアものならそういう場合も十分ありえます。それだけしても手にいれたいと思っているのです。

やはりブランドの服はノーブランドの服に比べると、いつまでも高い価値がつきつづけるといってもいいでしょう。そのブランドが好きな人なら、高い値段を出して購入する可能性も考えられるでしょう。

そういう意味でも、ブランドを持つ意味・着る意味があるのではないでしょうか。ノーブランドの服でもおしゃれで着やすい服はたくさんありますが、やはりブランド物のほうがゆるぎない価値があるようですね。

↑ PAGE TOP