ブランド品の買取をするときに、準備しておくべきものがあるのは知っていますか。業者探しに必死になり、ついつい忘れてしまいがちなのですが、ないと買取してもらうことができません。それは身分証明書です。運転免許証、保険証、パスポートなど、自分を証明するものです。買取前はばたばたするので忘れやすいのですが、買取業者は身分証明書の提示がない人から買取をしてはいけない、という決まりがありますので、いくら査定してもらっても売ることができなくなってしまいます。

必ず、売りたいブランド品と一緒に身分証明書を持参、もしくは出張買取の場合は用意しておいてください。宅配買取の場合は、コピーをブランド品を送る際に同封してほしいといわれると思います。

どんな方法を選んでも、身分証明書を提示しないと買取してもらえません。それはどうしてかというと、ずばり法律で定められているからです。やはり盗品を売る人もいます。そういう場合、誰が何を売ったのかわからない、という状態では困るからです。自分はそうではないといっても、法律で決められているので提示しなくてはなりません。

きちんと誰が何を売ったのか、把握しておく義務が買取業者にはあるので、ブランド品を売るときは協力しましょう。

↑ PAGE TOP